資料館の歩み


1983年 大田ふるさと資料館

戦後の機械化で農耕をはじめ生活様式全般に大きな変革をもたらしました。そうした中で干拓の歴史を物語る数々の古い農具・民具・漁具等が次々に失われていくことは、まことに惜しいことであり、心寂しく感じておりました。私たち先人の血と汗のしみこんだこの貴い遺産こそ、地方の農耕暮らしのありさまを知るための大切な資料であります。この貴重な資料1,200点を保存して後世に伝えることが私たちの責任であります。また、明治・大正・昭和にかけての主たる蓄音機、ラジオ、時計を多数保存、展示しています。

1983年5月 吉日
大田郷土資料館 館長(当時) 大田 操

2006年 Oota蓄音機ミュージアム

資料館に保存されていた蓄音機、ラジオを整理追加し、新たにOota蓄音機ミュージアムとして、リニューアルオープンしました。

レコードの保存

ジャズからクラシックまで、特にジャズは貴重なコレクションを多く保存しています。

蓄音機の保存

エジソン蓄音機は1号機であるティンフォイルからアンベローラ、シンフォニーまで、エジソンが蓄音機から後退するまで50年の歴史が揃っています。 米国ビクター、EM-Ginは代表的な機種のほとんどが保存されています。 国産蓄音機については一般的な機種のほとんどを保存しています。

蓄音機の修理(有料:1台20,000円〜)

依頼があれば古い蓄音機の修理を行っています。特別な部品が要る場合は別途部品代を実費見積りの上修理の相談に応じています。

コンサートホール

  • レコード鑑賞(小ホール)
    来館者持参の懐かしいレコードを、そのレコードにあった蓄音機で、またそのレコードにあった針でレコードをかけて差し上げており、感謝されています。
  • コンサートの開催(大ホール 有料)
    不定期で開館日に地方のアーチストによるコンサートを開催し、好評です。  過去のコンサート内容について

大田ふるさと資料館/Oota蓄音機ミュージアム
館長 大田 浩右

 

2018年 Samsaraサムサーラ

大田ふるさと資料館の2階は、長らく瞑想の部屋として使用されていました。この癒しの空間を一般の方に味わっていただきたく、サムサーラの準備を進めています。

詳しくは、こちらをご覧ください。⇒サムサーラホームページ

 

2018年 蓄音機カフェ

蓄音機を聴きながらお茶の飲めるカフェの準備を進めています。

 

2018年 ジュークボックスカフェ

amiのジュークボックスに昭和の時代のレコードが100枚、100円コインで2曲聴くことができます。

 

資料館スタッフ

大田浩右
館長 大田 浩右
佐藤 副館長
副館長 佐藤 基晴
伊勢村 管理人
管理人 伊勢村千恵
スタッフ 藤井英治 スタッフ 八田 史郎

運営協力者

倉敷山陽堂 安田氏
倉敷山陽堂 安田氏
石塚氏
石塚氏
蓄音機の梅屋 梅田氏
蓄音機の梅屋 梅田氏