大田ふるさと資料館/Oota蓄音機ミュージアム

→英語版(English)はこちら

岡山市浦安の『大田ふるさと資料館 Oota蓄音機ミュージアム』は、1200点におよぶ明治から昭和の農具・民具、および150点以上の貴重な蓄音機/レコードを収蔵する非営利型博物館です。第2日曜日に開館しています。

今秋9月から博物館を毎日開館する予定です。そのため、トイレ、休憩室、狭かった駐車場の手直しを行いました。新しい試みとして瞑想ルーム『Samsaraサムサーラ』、蓄音機を聴きながらお茶が飲める休憩室カフェの準備を進めています。

PickUpコレクション

  • 日本製自転車 1890年製

館長大田浩右 ごあいさつ

 長年教師をしていた母は教え子たちに声をかけ、不要になった民具、農具、漁具の提供を呼びかけました。集まったたくさんの資料を1300点に整理し、展示と収納を行い、後世に残すこととしました。 さらに、蓄音機、ラジオ、時計などは、収集の幅を広げ、蓄音機コレクターの石塚さん、山陽堂の安田さん、梅屋の梅田さんの協力を得て、Oota蓄音機ミュージアムを開館しました。1階にカフェと資料館2階の仏像収蔵室の静かな雰囲気のなかで、呼吸法と瞑想を組み合わせた魂の再生”samsara サムサーラ"の開設準備に取り組んでいます。

館長 大田浩右

蓄音機の修理