大田ふるさと資料館/Oota蓄音機ミュージアム
LINEで送る

→英語版(English)はこちら

岡山市浦安の『大田ふるさと資料館 Oota蓄音機ミュージアム』は、昭和初期の農具・民具および、約150点以上の貴重な蓄音機コレクションを収蔵する博物館です。

管理運営のご挨拶
平成26年9月、一般社団法人 岡山県文化資料保存協会を設立致しました。この度、当法人が大田ふるさと資料館/Oota蓄音機ミュージアムを管理、運営することとなりました。実務は、今まで通り大田浩右氏に依頼し、事務局をお願いしております。

一般社団法人 岡山県文化資料保存協会
代表理事 藤井 昭平                                 昭平先生

藤井昭平略歴
岡山大学教育学部卒(旧岡山師範学校)
岡山県教育庁教育委員会次長として、長年にわたり、県の教育行政に携わる
社会福祉法人旭川荘江草理事長を補佐し、顧問として、長年にわたり、旭川荘の発展と充実に尽力され、現在に至る。
旭川荘関連施設 老人保健施設ひだまり苑役員。

PickUpコレクション

  • 日本製自転車 1890年製

館長大田浩右 ごあいさつ

子供の頃、我が家にあった古い蓄音機を、いじくり回し、「高い蓄音機を壊して…」と父親に叱られた懐かしい思い出があります。長い年月が経ち、子供時代の蓄音機への憧れが叶い、来館いただいた方々に、「意外にいい音ですね…」と褒めていただけるだけの機種が揃いました。希少価値となったアナログの音の世界の魅力と迫力をお楽しみください。

別館のふるさと資料館は、古き時代の民具、農具、囲炉裏などを後世に残すことを目的としています。

月1回の開館、プロのコンサート以外は全て無料。

館長 大田浩右(2003年5月 開館20周年記念当時)

蓄音機の修理